【ワシントン共同】米国のバイデン次期大統領の就任式委員会は14日、ミュージシャンのレディー・ガガさんが20日の就任式で国歌を歌うと発表した。性的少数者(LGBTQ)の権利擁護などに取り組むガガさんと共に、寛容な社会実現を訴える狙い。ただ首都ワシントンでは就任式に合わせて武装した抗議活動が計画中とされ、当局は既に厳戒態勢に入った。

 米メディアによると、トランプ大統領支持者による連邦議会議事堂襲撃に続く暴力行為への懸念から、バイデン氏が就任宣誓する議事堂周辺では既にダンプカーでバリケードがつくられ、迷彩服の州兵が展開している。