新型コロナウイルスに感染した東京都内の30代女性が今月、自宅で療養中に自殺したことが22日、関係者への取材で分かった。女性は夫と娘の3人暮らしで、「娘にうつしてしまったのではないか」と思い悩む内容のメモが見つかったという。

 関係者によると、女性は感染が判明したものの、無症状だったといい、自宅で療養していた。

 東京都の小池百合子知事は都庁で報道陣の取材に対し、詳細を今後調べると説明。「報道で知る限り、本当に残念な出来事だ。感染者の心のケアも必要だと強く感じた。相談窓口はあるが、改善策があるか検討したい」と述べた。