【サンパウロ共同】南米ペルーで大統領選が11日投開票され、民間調査会社による12日までのサンプル集計によると、フジモリ元大統領(82)の長女ケイコ氏(45)が得票率14.5%で2位となり、上位2者による6月6日の決選投票に進む可能性が濃厚となった。18候補のうち誰も第1回投票で当選に必要な過半数は得票できない見通し。

 同集計で首位に立ったのは急進左派の小学校教師カスティジョ氏(51)で18.1%。3位は右派の企業家ロペスアリアガ氏(60)で12.2%。一方で選挙管理当局による開票率は約52%で、ケイコ氏は12.89%を得票して3位になっている。