【ワシントン共同】米国務省は13日、ケリー大統領特使(気候変動問題担当)が14〜17日の日程で上海とソウルを訪問すると発表した。バイデン大統領が22〜23日に主催するオンラインの気候変動に関する首脳会合(気候変動サミット)に向け、中国と韓国の当局者と協議する。バイデン政権高官の中国訪問は初めてとなる。

 ケリー氏は13日、CNNテレビで、中国が世界最大の温室効果ガス排出国だと指摘し「中国の協力なしに気候危機を解決できない」と強調した。米中間には主要問題で対立が多いが「気候変動は別だ」として連携の必要性を訴えた。