【ソウル共同=上嶋茂太】韓国の文在寅大統領は14日、日本政府が決めた東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出を差し止めるため、ドイツ・ハンブルクにある国際海洋法裁判所に提訴することを積極的に検討せよと政府に指示した。同日、相星孝一駐韓大使と面会した場では「地理的に最も近く、海を共有する韓国は非常に強く憂慮している」と伝えた。

 韓国大統領府が明らかにした。韓国では処理水の放出に対する反対が根強く、文氏の姿勢は世論を反映した形だ。

 加藤勝信官房長官は14日の記者会見で、文氏の提訴検討指示に絡み「韓国を含む国際社会に丁寧に説明し、理解醸成を図る」と述べた。