福島県の内堀雅雄知事は15日、政府による東京電力福島第1原発処理水の海洋放出決定について「容認するかしないか言う立場ではない」と述べ、知事として決定に賛否を示さない考えを明らかにした。内堀氏は同日午後に経済産業省で梶山弘志経産相と面会し、風評被害への対策強化などを要望する。

 内堀氏はこれまで「国の処分方針決定後に、広域自治体としての考えを明確に申し上げる」と語っていた。

 県は15日午前に部局長会議を開き、国への要望について協議した。会議では、浄化処理を確実に実施することや万全の風評対策、将来に向けた事業者支援など5項目がまとまったという。