【ヤンゴン共同】ミャンマーの民主派でつくるミャンマー連邦議会代表委員会(CRPH)は16日、軍政に対抗し「挙国一致政府」を発足させたと一方的に宣言した。クーデターで全権を握った国軍による政権の不当性を国内外にアピール。少数民族の出身者を「副大統領」に起用し、国軍と敵対する少数民族武装勢力にも共闘を呼び掛けた形だ。

 国軍に拘束され、軟禁中のアウン・サン・スー・チー氏とウィン・ミン氏は共に挙国一致政府で国家顧問、大統領にとどまる。副大統領にはカチン民族の男性を起用。CRPHの「国連特使」で、海外メディアへの発信を担う医師のササ氏は「国際協力相」に任命された。