東京電力福島第1原発の処理水を海洋放出する政府決定を受け、小泉進次郎環境相は17日、福島県庁で内堀雅雄知事と面会し、海洋で放射性物質トリチウムなどのモニタリング体制を強化する方針を伝えた。小泉氏は「信頼性、客観性、透明性を確立し、結果を公表することで、風評が抑制できるように全力を尽くす」と述べた。

 内堀氏はモニタリングに関し、第三者機関による測定結果との比較や、地元関係者の立ち会いを要請。その上で「トリチウムの科学的性質が伝わっていない現状では、いくらモニタリングを行っても風評抑制は難しい。正確な情報を広く国内外に発信し、理解を深めてほしい」と訴えた。