首相官邸は19日、65歳以上の高齢者計1万3千人余りが新型コロナウイルスワクチンの接種を受けたとの18日時点の集計を発表した。医療従事者は16日時点で、約119万8千人が1回以上接種を受けた。政府のシステムは接種から集計まで時間がかかり、報道機関の調査などと数字が食い違い実際はもっと接種が進んでいることがある。

 官邸の都道府県別集計によると、1回目が進む高齢者の接種で最多は愛知の1190人。他に石川、神奈川、青森も千人を超えた。医療従事者では、約71万8千人が2回目の接種を終了。1、2回目接種の合計では東京が約18万、大阪が13万1千を超えていた。