【ワシントン共同】米民主党のカーター政権で副大統領、クリントン政権で駐日米大使をそれぞれ務めたウォルター・モンデール氏が19日、米中西部ミネソタ州ミネアポリスで死去した。93歳。米メディアが家族の話として報じた。死因は明らかにされていない。

 駐日大使時代の1995年、沖縄県で起きた米兵による少女暴行事件を契機に反基地運動が高まる中、沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場の返還合意に尽力。96年4月に当時の橋本龍太郎首相と共に合意を発表した。沖縄県の大田昌秀元知事、翁長雄志前知事が死去した際には追悼の言葉を表明した。