政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は21日の衆院厚生労働委員会で、緊急事態宣言の発令期間について「個人的には最低3週間は必要だと思う」と述べた。立憲民主党の山井和則氏への答弁。

 尾身氏は大阪で新型コロナの感染が拡大している状況を踏まえて「東京も早晩、大阪のようになることは、ほぼ間違いないと思っている」と指摘。その上で「2回目の宣言よりも強い対策をするべきだ。集中的にやる方が経済的にも良い」と強調した。

 その上で、一部の人は感染対策が不十分だとして「接触の機会を根本的に減らすことが(対策の)柱となる」と話した。