【パリ共同】フランスのカステックス首相は22日、記者会見し、新型コロナウイルスの流行「第3波」を受けて今月3日から全国で強化した日中の外出規制に関し、5月3日に解除する方針を発表した。

 カステックス氏は「第3波の峠は越えたようだが、まだ警戒が必要だ」と訴えた。国内の1日当たりの新規感染者は4月初めに6万人を超す日があったが、22日の保健当局の発表では約3万4千人に減少した。

 5月3日に解除するのは、日中の外出を原則として自宅から10キロ圏内に限定する規制。4週間の適用を予定していた。学校の登校も当初の方針通り、4月26日以降に順次再開する。