【北京共同】中国当局が、習近平国家主席の娘らの個人情報を掲載したウェブサイトの運営者らを、情報を違法に取得したなどとして一斉摘発していたことが23日分かった。複数の関係者が明らかにした。主犯とされた男性の弁護団や知人は、過酷な拷問により自白を強いられたとして、冤罪事件だと訴えている。

 2019年半ば、海外サイトが習氏の娘の情報として、住所や生年月日、身分証と携帯電話番号、改名後の氏名などを顔写真付きで掲載。習氏本人や習氏の義兄のものとする情報も公開した。