福井県は7日、県主導で企画し、3月に打ち上げた超小型人工衛星「すいせん」が初めて地上を撮影した画像を公開した。撮影日は4月26日で同県敦賀市内の建造物や、湾内を航行する船舶をはっきりと捉えている。

 すいせんは宇宙ベンチャー「アクセルスペース」(東京)が開発した地球観測衛星で、自治体が計画の中心となった全国初の人工衛星。60〜80センチの直方体でカメラを搭載する。現在は姿勢制御や機器の調整中で、6月ごろから通常の運用段階に入る。

 画像データを県の防災や観光分野で活用する計画だ。