大阪府は9日、874人が新型コロナウイルスに感染し、19人が死亡したと発表した。1日当たりの感染発表数が千人を下回るのは3日ぶり。

 新たに50〜80代の23人が重症となった。入院中の重症者は403人で、計画に基づいてあらかじめ確保した病床数を上回る状況が続いている。亡くなったのは40〜90代の19人で、基礎疾患がない8人も含まれている。

 計5カ所の高齢者施設や障害者施設で、クラスター(感染者集団)が発生したと認定した。

 府内の感染者は累計8万9545人、死者は1715人となった。