【ローマ共同】イタリアのドラギ首相は12日、新型コロナウイルス対策で制限している外国からの観光客受け入れに関し、日本から「ワクチンの接種証明があれば隔離期間なしで入国できるようになる」と述べた。下院で質問に答えた。

 具体的な受け入れ開始時期には言及しなかった。米国やカナダからの観光客についても同様に要件を緩和すると述べた。

 観光立国のイタリアは4月下旬から接種を終えた人らのワクチンパスポートの国内運用を開始。今月後半からはさらに制限を緩和し、欧州域内の旅行客を受け入れる予定となっている。