富山大は17日、東洋紡(大阪市)と共同で新型コロナウイルス感染の有無を短時間で調べられる抗原検査キットを開発したと発表した。特別な機器は不要で、15分以内に結果が分かる。既に厚生労働省の製造販売承認を得ており、医療機関向けに6月から販売を始める予定。

 抗原検査は、ウイルスに特有のタンパク質(抗原)とくっつく「抗体」を使い、体内にウイルスがいるかどうかを判定する。富山大の磯部正治教授は「開発したキットは、PCR検査より簡便で、より迅速に感染者を発見できる」と話した。