自衛隊が運営する新型コロナウイルスワクチン大規模接種センターの予約受け付けは、初日の17日から希望者が殺到した。大阪会場分は午後1時の開始から約25分間で用意した約2万5千件全てが埋まった。取れなかった高齢者には、大阪府内全域に対象を広げる24日以降に再度申請してもらう。東京会場も午前11時の開始から約9時間で、5万件のうち約4万1千件の予約が入った。

 防衛省によると、ホームページと通信アプリLINEの大きな混乱はない。今回は24〜30日を接種時期としたが、東京会場で6月12〜18日分として受け付ける設定ミスがあった。予約された722件は有効とする。