人工多能性幹細胞(iPS細胞)に遺伝子改変を加え、細胞の提供者から見て他人に当たる患者に移植しても拒絶反応を起こさずにがんを攻撃できる免疫細胞を作製したと、京都大の金子新教授(免疫再生治療学)らのチームが18日、英科学誌ネイチャーの生体医工学専門姉妹誌に発表した。

 体内の異物を排除する免疫細胞の一種「T細胞」を血液がん患者から採取し、遺伝子を改変してがんへの攻撃力を高め、体に戻す「がん免疫細胞療法」が実用化されている。だが患者ごとに細胞を作るため3千万円超と高額なのが課題だった。