自衛隊が東京と大阪で運営する新型コロナワクチンの大規模接種センターは16日午前0時から全国の18〜64歳を対象に予約を受け付け、17日に接種を始める。予約には接種券が必要。防衛省が15日、大規模接種対策本部会議を開催して決めた。27日までの期間で大量に余った予約枠を埋めるため、これまで65歳以上の高齢者に限定していたのを広い年齢層に拡大する必要があると判断した。

 センターは1日当たり東京1万人、大阪5千人の接種能力がある。接種券の配布時期は市区町村で異なり、一部で64歳以下への配布が始まっている。65歳以上の高齢者では埋まらず防衛省は年齢制限を撤廃した。