【ジュネーブ共同】バイデン米大統領とロシアのプーチン大統領は16日、ジュネーブでバイデン政権発足後初めて直接会談した。プーチン氏は会談後に記者会見し、両国が互いに一時帰国させている大使を復帰させることで合意したと明らかにした。米国に対するサイバー攻撃へのロシア当局の関与は否定し、対立点は残った。軍縮問題についても協議した。

 民主主義勢力を結集して中国やロシアの専制主義に対抗するバイデン氏の独自外交が本格的に試された。両首脳は「冷戦終結後最悪」と言われるほど悪化した対立の打開を模索した。プーチン氏は、会談は「とても建設的だった」と評価した。