【北京共同】中国は17日午前9時22分(日本時間同10時22分)、北西部にある酒泉衛星発射センターから有人宇宙船「神舟12号」を運搬ロケット「長征2号F遥12」で打ち上げ、成功した。中国の有人宇宙飛行は2016年以来。搭乗した飛行士3人は、中国が独自に建設中の宇宙ステーションに3カ月間滞在する。飛行士のステーション滞在は初めてで、来年の完成に向け建設計画を着々と進める。

 中国共産党創建100年を来月に控え、国威発揚の狙いもある。中国は5月に火星地表探査に成功したばかり。習近平指導部が目標とする30年ごろまでの「宇宙強国」入りを見据え、開発力を高めている。