全国知事会長の飯泉嘉門徳島県知事は22日、新型コロナウイルス対策を巡り、河野太郎行政改革担当相とオンラインで意見交換した。飯泉氏は、米ファイザー製ワクチンの供給量が7月以降に減少する見通しだとして、必要な量が確保されるか不安を訴える知事が多いと指摘。自治体への配分量やスケジュールを早期に示すよう要求した。

 河野氏は、ワクチンは必要な量を自治体に順次配分しているとの認識を強調。自治体側の在庫がどのような状況になっているのか確認するよう求めたほか、市区町村をバックアップするよう要請した。意見交換後、飯泉氏が明らかにした。