空港検疫で新型コロナウイルス陽性が確認された東京五輪ウガンダ代表選手団の1人は、インドで最初に確認された「デルタ株」に感染していたことが25日、厚生労働省への取材で分かった。同省によると、50代の男性で無症状という。

 選手団は19日に成田空港に到着。男性は宿泊療養施設で療養し、男性を除く選手団は合宿先の大阪府泉佐野市に移動した。23日に選手団からさらに1人の感染が確認された。泉佐野保健所は到着した選手団全員と、同行した市職員ら計8人を濃厚接触者と認定している。