河野太郎行政改革担当相は25日午後、臨時の記者会見を開き、新型コロナウイルスワクチン職場接種を巡り、米モデルナ製に加えて米ファイザー製を活用する考えはないと重ねて強調した。「モデルナ製で固定する」と述べた。一方、自治体が実施する大規模接種は、モデルナ製が足りなくなった際にファイザー製を活用するとした。

 河野氏は、自治体の大規模接種に割り当てる米モデルナ製1700万回分のうち、申請のあった1200万回分を既に受理したと表明。この他に、1200万回分の申請があるため、割り当てを超える700万回分は、ファイザー製の使用を検討するとの見通しを示した。