【ニューヨーク共同】米南部フロリダ州サーフサイドの12階建てマンション崩落で、地元マイアミデード郡は23日、消防当局による遺体の捜索活動を終結したと発表した。これまでに確認した死者は97人、安否不明者は1人。先進国で近年起きた建物倒壊としては未曽有の被害規模となった。

 今後は郡警察当局が、がれきに遺体の一部や犠牲者の所持品がないかを調べる。

 発生の翌日以降は生存者が発見されず、地元当局は今月4日、崩落を免れた残存部分に倒壊の恐れが高まっているとして爆破、解体した。郡幹部は7日、生存者の捜索を断念し、作業を救出から遺体収容に移行すると表明していた。