【シドニー共同】23日の東京五輪開会式を生中継していたテレビ・ニュージーランドが、新型コロナウイルスによる死者への黙とうの最中にCMを放映していたことが24日分かった。インターネットでは視聴者による批判が殺到している。

 中継に先立ち、同社がツイッターで「式典を遮らないように、適切な時間を慎重に選んでCMを流します」と予告していたことも火に油を注いだ。

 ツイッターでは「400万人が亡くなったことへの黙とうがCM中断に適切とは一体どういうことだ?」「公式に謝罪して、黙とうの時間を改めて放送しろ」といった書き込みが相次いだ。