東京五輪の開会式や競技会場で新型コロナウイル感染予防のマスクを着用していない選手や関係者がいた問題で、国際オリンピック委員会(IOC)と大会組織委員会は25日の記者会見で改めて注意喚起する方針を示した。一方で処分への言及は避け、感染予防策の規則集「プレーブック」の違反が相次ぐ中でも「お願いベース」の対応にとどまっている。

 規則集はマスクの常時着用や、人との接触を最小限に抑えるよう求め、違反時の罰則として大会参加資格の剥奪や金銭的な制裁を明記している。厳格な運用が必要ではないかとの指摘に、IOCのアダムス広報部長は「ルールは緩和されていない」と回答した。