ロシアのミシュスチン首相は26日、択捉島を訪問した。大統領に次ぐ政権序列2位の首相の北方領土訪問は、2019年8月のメドベージェフ氏以来2年ぶりで、菅政権下では初めて。

 ロシアでは領土割譲禁止条項を盛り込んだ改正憲法が昨年7月に発効していた。プーチン大統領が事前に訪問を事実上公認する異例の発言をしており、実効支配を誇示した形。北方領土の返還を求める日本の立場は一段と厳しくなりそうだ。

 プーチン氏は昨年9月に菅義偉首相との初の電話会談で平和条約交渉を進める方針を確認した。対面会談は実現しておらず、交渉は停滞している。(共同)