【上海共同】中国河南省は26日、同省を襲った豪雨による死者が69人に増えたと明らかにした。5人が行方不明。被災者は1290万人を超えた。一部地域で停電や冠水、断水が続いているほか、衛生状況の悪化も懸念されている。

 中国メディアによると暑さの影響もあり、一部地域では溺死した家畜が悪臭を放つなど深刻な汚染が発生。消毒薬などの物資の需要が高まっているが、不足が指摘されている。周囲が水に囲まれ孤立している村もあるという。

 河南省は26日の記者会見で、中国東部に25日に上陸した台風6号の影響で、数日間は省東部や北部で強い雨が降る可能性があるとして注意を呼び掛けた。