柔道男子81キロ級決勝で27日、イラン出身のモンゴル代表サイード・モラエイ(29)が永瀬貴規と対戦し、銀メダルを獲得した。国際大会で母国から、対立する国イスラエルの選手との試合を回避するために棄権するよう圧力をかけられたとして亡命していた。

 モラエイは2018年の柔道世界選手権の王者。19年の同東京大会でイスラエルの選手と決勝で当たる可能性が出てくると、イラン側から棄権するよう指示されたという。モラエイは「辞退しなければ家族を殺す」と脅されたとしている。

 指示に従わずに出場し続けたが、対戦は実現しなかった。試合後にモンゴル国籍を取得した。(共同)