防衛省沖縄防衛局が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先、名護市辺野古の埋め立て予定海域でサンゴ移植を始めたことを受け、玉城デニー知事は30日の記者会見で、夏季の移植をやめるよう行政指導を出す考えを示した。「現地の状況を確認した上で行政指導したい」と述べた。

 夏季の移植はサンゴが死滅する可能性が高いと指摘している。県担当者が30日、海上と陸上から移植作業を確認し、写真撮影や水温を測定。さらに夏季の移植の影響について、専門家の意見も聞く方針だ。

 サンゴ移植を巡り、県は高水温や台風の季節を避けることを条件としていたが、沖縄防衛局は29日に移植を開始した。