環境省は、温暖化対策が進まず、世界の平均気温が18世紀の産業革命前から4度上昇したと仮定し、水害がどの程度ひどくなるか試算した。甚大な被害が出た2019年の台風19号に当てはめると、規模がさらに発達し、阿武隈川(宮城、福島)や千曲川(長野)など8水系の最大流量が平均29%増加。支流の中小河川は氾濫の危険性がある箇所数が最大2.28倍になる。

 環境省は「気候変動により大規模水害が発生するエリアが拡大する恐れがある」として、省エネなど温暖化対策の重要性を強調している。

 平均気温をパリ協定が掲げる2度上昇に抑えた場合と、4度上昇した場合の2パターンを予測した。