ベラルーシへの帰国を拒否して保護され、第三国への亡命を希望している同国代表のクリスツィナ・ツィマノウスカヤが2日、東京のポーランド大使館に入った。ロイター通信が伝えた。