【ニューヨーク共同】米アップルとグーグルが、ロシアの反体制派ナワリヌイ氏の関係するアプリをアプリ市場から削除したことが17日、分かった。複数の欧米メディアが報じた。ナワリヌイ氏陣営はツイッターで「政治的検閲の恥ずべき行為だ」と非難した。

 ロシアは全土で下院選の投票が始まっている。報道によると、アプリはナワリヌイ氏の支持者が開発したもので、反プーチン大統領派の投票先が分散しないよう促すことを目的としていた。

 ロシア当局は政治問題に干渉しているとして、アップルとグーグルにアプリ市場から削除するよう要請し、応じなければ罰金や刑事罰を科すと圧力をかけていた。