【ワシントン共同】日本、米国、オーストラリア、インドの4カ国首脳は24日、ホワイトハウスで初の直接会合を開いた。台頭する中国を念頭に、民主主義陣営の結束を強調。新型コロナウイルス対応に加え、新たにインフラ整備、宇宙やクリーンエネルギー分野で協力を進めることで合意し、共同声明を発表した。4カ国の首脳、外相会合を毎年開く方針で一致した。日米が主導するインド太平洋重視戦略が加速した。

 4カ国の枠組みは「クアッド」と呼ばれ、バイデン米大統領は「専制主義勢力」と位置付ける中国をにらみ幅広い分野で連携を広げたい考えだ。