【ワシントン共同】米上院軍事委員会は28日、アフガニスタン駐留米軍撤退と今後の対テロ作戦についてオースティン国防長官らを呼び公聴会を開いた。オースティン氏は、アフガン政府軍がイスラム主義組織タリバンと戦わずに崩壊したことに「驚いた」と述べ、幹部の腐敗があったと主張した。8月30日の撤退完了後、オースティン氏が議会で証言するのは初めて。

 公聴会で証言した米軍制服組トップのミリー統合参謀本部議長は、アフガン政府軍の崩壊の兆しを見落としていたと言及。「われわれは引き続き、テロリストの攻撃から米国を守る」と強調した。