【ワシントン共同】ビル・クリントン元米大統領(75)が17日、西部カリフォルニア州の病院からヒラリー夫人(73)に付き添われ歩いて退院した。米メディアが伝えた。尿路感染症に起因する敗血症の疑いがあり、抗生物質などで治療を受けるため12日から入院していた。

 バイデン大統領(78)は15日にクリントン氏と電話で話した後、記者団に「状態は良好だ」と説明し、近く退院するとの見通しを示していた。