【ワシントン共同】バイデン米大統領が次期駐中国大使に指名したニコラス・バーンズ元国務次官(65)は20日、人事承認に向けた上院外交委員会の公聴会に出席した。「台湾への中国の最近の行動は特に反対すべき事態」と述べ、中国による台湾への軍事圧力を非難、沖縄・尖閣諸島を念頭に「中国は東シナ海で日本に侵略行為を仕掛けている」と証言した。

 バーンズ氏は「米国の利益に反し、同盟国の安全を脅かす行動には対抗する」と強調。中国が新疆ウイグル自治区で「ジェノサイド(民族大量虐殺)」を行っていると指摘し、チベットや香港、台湾での抑圧的行為は「不当で、やめるべきだ」と批判した。