介護が必要な人の自宅などを訪問し、日常生活を助けるホームヘルパー(訪問介護員)の4人に1人が65歳以上の高齢者であることが、公益財団法人「介護労働安定センター」の調査で分かった。介護業界の中でもヘルパーは人手不足が著しく、高齢者が支え手となっている状況が浮き彫りになった。

 65歳以上の割合は、看護職などを含む介護事業所の従業員全体では12.3%。ヘルパーは25.6%で、それ以外の一般の介護職(9.4%)と比べても大幅に高く、平均年齢は50.9歳。ヘルパー不足を感じている事業所は80.1%に上った。