米国で、夏に猛威を振るった新型コロナウイルスのデルタ株感染が急減した。ワクチン普及が沈静化に貢献したのは確かだが、米紙は感染の増減が2カ月周期で繰り返される「謎」を指摘。何が理由なのか、疑問が深まっている。

 疾病対策センター(CDC)によると、全米の1日当たりの感染者数(7日間平均)は7月に入り再拡大したが、9月1日の約16万人をピークに減り始め、今月22日には約7万人と半減した。9月以降は99%がデルタ株。ワクチン接種を終えたのは人口の57.4%に達した。