【ニューヨーク共同】米紙ウォールストリート・ジャーナルは秋篠宮家を離れた長女眞子さんと小室圭さんの結婚について「日本の世論は割れていた」と述べ、批判的な国内世論がやまなかったことを紹介した。

 同紙は、小室家の金銭問題などを巡る報道で眞子さんがPTSDと診断されたことを指摘。「強い不安」のせいで、26日の記者会見で口頭の質疑応答を回避したことも伝えた。

 米紙ニューヨーク・タイムズは、結婚の日はトランペットが鳴り響くような祝賀ムードとほど遠く、2005年に結婚し沿道に祝賀の人々が並んだ上皇ご夫妻の長女黒田清子さんの際と対照的だったと指摘した。