【ウィーン、台北共同】スロバキア訪問を開始した台湾の呉ショウ燮外交部長(外相)は26日、シンクタンクの会議で基調演説し「台湾とスロバキアは自由や人権といった価値観を共有している」と強調し、貿易や投資、主要産業の連携など多くの分野で協力を深めていく考えを表明した。台湾外交部(外務省)が明らかにした。

 呉氏はスロバキアによる台湾への新型コロナウイルスワクチンの提供や、世界保健機関(WHO)総会への参加支持に謝意を表明。コロナ禍後の世界経済回復に向け協力していく考えを示した。会議にはスロバキアとチェコの高官らが出席した。