国際宇宙ステーションに長期滞在中の星出彰彦飛行士は27日、東京の首相官邸の末松信介文部科学相らと交信し「(これから)月や火星に向かう時代が来る。次世代の子どもたちには失敗を恐れずチャレンジしてもらいたい」と呼び掛けた。

 星出さんは、宇宙旅行など民間の宇宙進出に期待を寄せ「日本の、世界の宇宙活動を応援してください」と話した。

 星出さんは4月にステーションに到着。船長任務や4度目の船外活動を終え、日本時間の11月5日に地球へと出発する予定。