【モスクワ共同】新型コロナウイルス感染が再び急増しているロシアで28日、感染対策の11連休が首都モスクワで始まった。11月7日まで、食料品店や薬局などを除いて通常の店舗やレストランなどは休業となる。首都周辺のモスクワ州も同様の措置を取る。

 ロシアでは9月ごろから感染者が急増。政府対策本部の発表によると、全土での1日当たりの新規感染者は28日に初めて4万人を突破。死者も1159人と最悪を更新するなど感染拡大に歯止めがかかっていない。病床使用率は90%に近づき、医療の逼迫も深刻化している。

 ロシアでは2度の接種を終えた人は全体の30%程度にとどまっている。