【ワシントン共同】米国防総省は29日、バイデン政権が進めていた米軍の世界的な態勢見直しを完了したと発表した。覇権主義的な動きを強める中国の軍事的侵略や、核・ミサイル開発を進める北朝鮮を抑止するため、インド太平洋地域で同盟・友好国との協力関係を強化すると指摘した。

 国防総省高官は、今回の態勢見直しでインド太平洋が「重要地域」になったと説明。中東などから部隊を再配置するほか、オーストラリアや米領グアムなど太平洋諸島で軍事インフラの整備を進める。中国をにらんだ戦力再構築の動きがより鮮明になった。