【ワシントン、ブリュッセル共同】米国、欧州連合(EU)、英国、カナダは2日、ベラルーシのルカシェンコ政権が意図的に移民・難民をEU側に送り込んでいるとして追加制裁を一斉に発表した。ブリンケン米国務長官は声明で「今年3回目の同盟国との協調行動で、人権を無視し続けるベラルーシが招いた結果だ」と強調した。

 米政府の制裁は、ルカシェンコ大統領の息子を含む20個人と12団体を資産凍結などの対象に加え、航空機3機を差し押さえた。ベラルーシが新規発行する債券の取引も制限する。米政府が昨年8月以降、ベラルーシに科した制裁としては5回目になった。