【パリ共同】フランスの右派野党、共和党は4日、来年4月の大統領選の公認候補を決める予備選の決選投票で、サルコジ元政権下で予算相などを務めた女性のバレリー・ペクレス氏(54)が選ばれたと発表した。

 再選を目指すマクロン大統領に挑むが、これまで世論調査の支持率は、2位を争う極右政党、国民連合(RN)のルペン氏と極右評論家のゼムール氏を下回っており、公認決定で弾みがつくかどうか注目される。

 予備選には、英国の欧州連合(EU)離脱でEUの首席交渉官を務めたバルニエ元外相やベルトラン元労働・保健相ら計5人が立候補した。