【ニューデリー共同】インド空軍は8日、ビピン・ラワット国防参謀長らの乗っていたヘリコプターが南部タミルナド州で墜落し、ラワット氏が死亡したと明らかにした。地元メディアによると、搭乗していた14人のうち13人が死亡した。

 国防参謀長はインド軍の制服組のトップ。空軍は事故としている。現場付近は墜落当時、天候が悪かったという。

 当局が原因を調べている。