政府が再び開設すると決めた自衛隊運営の新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターは、東京会場を31日に開設する方向で検討していることが17日、政府関係者への取材で分かった。大阪は、会場選びに時間がかかり、時期が遅れる可能性がある。防衛省は18日にも接種推進本部を開催し、日取りを決定する。

 政府関係者によると、東京会場は昨年も使用した東京都千代田区の「大手町合同庁舎3号館」となる。大阪は、昨年の大阪市北区の府立国際会議場(グランキューブ大阪)がイベント予約で埋まっているため、別会場になる見通し。